Translate

IL BLOG DI LEONARDO MANETTI SUL CHIANTI E LE SUE CAPITALI: FIRENZE E SIENA
E SE ANCHE TU VUOI PUBBLICARE QUALCOSA SU QUESTA TERRA CONTATTAMI

venerdì 12 febbraio 2016

キャンティ の テーブル 詩 レオナルド・マネッティ





キャンティ の テーブル 

大地に点在する 城 
教会、農場 や 古い 工作所 
聖人によって 守られた
 サンジョベーゼのブドウ 

香り と 伝統的な味 
ワイン、オイル や ヴィンサント 
有名な フィノッキオーナ などの サラミ 
ペコリーノ や マルツォリーノ の チーズ 

優れた 豆の 主 
ゾルフィーノ という 豆
 そして 貴重な 黄色い スパイス
 高潔な サフラン 

フィレンツェ から シエナ まで 
ガッロ ネーロ の 通りでは
 年老いた 女主人が 
伝統的な 料理 を 伝承していく 

レバーペーストのクロスティーニ、ガーリックトースト、
 冬の 黒キャベツ入り リボッリータ、 
夏には バジリコ入り パンツァネッラ、
 ウサギ肉のパッパルデッレ、パッパ アル ポモドーロ 

野生肉のロースト、フィレンツェ風ビステッカ 
サルシッチャと白いんげん豆、フィレンツェ風トリッパ
 ボッカ ディ ダーマ、カスタニャッチョ、ズコット、パンフォルテ 
カントゥッチ、フリテッレ、チェンチ、リチャレッリ 

デザートは 盛り沢山 
その味も かたちも 
スキアッチャータ フィオレンティーナ や 
 ウーヴァ アフリカーニ をそえる か ポッペ ディ モナカ とともに 




訳 : 太田 有紀




Nessun commento:

Posta un commento

Condividi liberamente senza modificare, citando sempre chi è l'autore. Questo blog non rappresenta una testata giornalistica e viene aggiornato senza alcuna periodicità. Non può pertanto considerarsi un prodotto editoriale ai sensi della legge n. 62 del 7.03.2001